国際都市計画・地域計画(城所・瀬田)研究室

都市工学専攻工学系研究科東京大学English ver.
ホーム home
研究プロジェクト project
メンバー members
研究発表・論文 theses
研究室活動 activities
リンク links

研究発表

2018年度

+ 城所哲夫、福田崚、増田耕平、蕭?偉(2018)「東京インナーエリアのインキュベーション機能に関する研究 -イノベーティブ・タウン仮説の観点から-」日本都市計画学会学術研究発表会論文集, Vol.53-3, pp. 740-747

+ 福田崚・城所哲夫・瀬田史彦(2018)「地方圏立地企業における他地域出身者の役割―代表者出身地と企業パフォーマンスの関係の分析を通じて―」『都市計画論文集』53巻3号、pp.1043-1050

+ 福田崚・城所哲夫(2018)「東日本大震災被災地立地企業の取引関係の長期的変化」『日本都市計画学会都市計画報告集』16号、pp.273‐277

+ 細田隆・瀬田史彦(2018)、地域スポーツコミッションによる地域活性化のあり方に関する研究、日本都市計画学会都市計画論文集 Vol.53 2018年10月、p439−444

+ 滝口良・八尾廣・坂本剛・佐藤憲行・松宮邑子・Gロブサンジャムツ(2018)「近現代モンゴルにおける都市化と伝統的居住の諸相:ウランバートル・ゲル地区にみる住まいの管理と実践」東北アジア研究センター叢書第65号、2018年12月

+ 竹内啓・對間昌宏・城所哲夫・瀬田史彦(2018)「特許データを用いた日本における技術的イノベーションの空間分析に関する研究 - セクター・イノベーションシステムに着目して-」日本都市計画学会学術研究発表会論文集, Vol.53-2, pp. 172-178

+ 近藤早映、城所哲夫(2018)「市民協働拠点としての市役所の実態と課題―市民活動中間支援アクターの役割に着目して」計画行政Vol.41, No.4, pp. 27-37

+ 小野悠、城所 哲夫(2018)「インフォーマル市街地における開発形態の特質 : ナイロビのインフォーマル市街地における空間マネジメントに関する研究(1) 」日本建築学会計画系論文集 83(743), pp. 83-91

+ 矢田絃馬、瀬田史彦、樋野公宏、城所 哲夫(2018)「あそび空間へのアクセシビリティがこどものあそび行為に与える影響―屋内外嗜好性と電子-実体験嗜好性の観点からー」土木学会論文集D3(土木計画学)74 巻 (2018) 1 号 p. 101-110

+ Ryo Fukuda, Tetsuo Kidokoro and Fumihiko Seta (2018), “Innovations and agglomeration qualities: Empirical study of small- and medium-sized cities in Japan,” 14th Conference of Asian and African City Planning (AACP2018), Toyo University, Tokyo, Japan, December 8th

+ Ryo Fukuda (2018) “Performances of firms and their representatives’ birthplaces”, 2018 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies (ICAPPS), University of Architecture Ho Chi Minh City, Ho Chi Minh City, Vietnam, August 24-26th

+ Ryo Fukuda (2018) “The birthplace of business owners and regional economics”, Global Conference on Economic Geography 2018, University of Cologne, Cologne, Germany, July 24-28th

+ Bharule, S. (2018) High Speed Rail and Station Area Development, The Asian Journal: Journal of Transport and Infrastructure, Special Issue, pp. 1-10, Vol.1, Jan. 2019

+ Bharule, S., & Kidokoro, T. (2018). Enhancing Linkages in City Regions: A Literature Review on Station Area Development in cities served by High Speed Rail. Research and Capacity Development for Planning, Implementing, and Operating High-Speed Rail (HSR) in Asia. Tokyo, Japan: Asian Development Bank Institute (ADBI), Tokyo 2018, February 14.

+ Bharule, S., Kidokoro, T., & Seta, F. (2018). A Study of Urban Land Development Mechanisms in India & Japan. The 14th Conference of International Development and Urban Planning. Tokyo.

+ Bharule, S., Kidokoro, T., & Seta, F. (2018). HSR and Station Area Development. Spill-over Effects of High-Speed Rail and Quality of Life. Tokyo, Japan: Asian Development Bank Institute (ADBI), Tokyo.

+ Sneha, Tetsuo Kidokoro and Fumihiko Seta (2018), Understanding urban sprawl and market speculation in a metropolitan region with focus on land and private development; Case Study of NCR- New Delhi, Proceedings of the 14th Conference of Asian and African city planning 2018 (AACP2018),Tokyo, Japan, pp.53-61

+ WONG Jose, KIDOKORO Tetsuo and FUMIHIKO Seta (2018) Developing a Governance Model for Cross-Border Integration in the Amazon: A case study in the Cross-Border Region among Peru, Brazil and Bolivia. Proceedings of 2018 International Conference of Asian-Pacific Planning Societies(2018 ICAPPS),Ho Chi Minh City, Vietnam

+ Luvsanjamts GANZORIG, Tetsuo KIDOKORO, Fumihiko SETA (2018), Study of Ger area improvement projects and their effect on air quality in Ulaanbaatar city, Mongolia Proceedings of the 14th Conference of Asian and African City Planning (AACP2018), Tokyo, Japan, pp.28-36

+ Mukhanedjanov Anvar. (2018)."Uzbekistan steps to the new era of Urban Planning". Proceeding of the 14th Conference of Asian and African City Planning (AACP2018). Tokyo, Japan. Pp. 43-53.

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

各年の論文一覧はクリックで表示されます。

研究発表・論文

研究発表
博士論文
修士論文
卒業論文
このページのトップへサイトマップへ

Copyright © 2007 International Development & Regional Planning Unit, All Rights Reserved.